1. Top
  2. プロトン食材製造・販売事業
  3. 導入事例のご紹介(水産加工)

導入事例のご紹介(水産加工)

鹿児島県 甑島:漁業様の声

きびなごは鰯の仲間で、本来傷みやすく鮮度が長持ちしない魚です。遠く離れたみなさんのもとにお届けするには、冷凍処理は避けられない魚種です。ところが従来の冷凍機では、細胞内の水分が凍結する時にできる氷の結晶が細胞組織を破壊するため、解凍時に融けた水分とともにアミノ酸や各種栄養成分がドリップとして流れ出てしまい、冷凍前の風味には戻せませんでした。プロトン凍結したきびなごは解凍しても新鮮さを失いません。また、生のきびなごも実際に食卓に届くまでは氷で冷やされていますが、その間にも鮮度はどんどん落ちていきます。 私たちのきびなごは獲れたてをすぐにプロトン凍結。だから解凍するだけで獲れたての新鮮さが再現できるのです。

東京都 築地:荷受・仲買様の声

私どもが独自に導入しているプロトン凍結システムは、鮮魚の冷凍品質向上に大きな効果が認められている、画期的な新技術です。この技術によって、「旬」の良質なマグロやその他の鮮魚を、年中安定した品質でお使いいただく事が可能になりました。すでに、ご購入いただいたお客様からご好評をいただいております。通常の冷凍品を解凍したときに、大量のドリップ(液体分)が流れ出し、食味が大きく損なわれたというご経験はないでしょうか?原因は、凍結時の「氷の粒の大きさ」にあります。大きな氷の粒ができる通常の冷凍技術では、食材の細胞が破壊され、解凍時のドリップ流失が避けられません。プロトン凍結は、この氷の粒の大きさを微細に抑え、ドリップを最小にとどめる新しい冷凍法なのです。

静岡県 焼津:水産業様の声

駿河湾ではアジ・ゴマサバなどの大衆魚やタチウオ・キンメ・手長海老・メヒカリ・ユメカサゴなど1000種類以上の魚が漁獲されます。また弊社の鮮魚荷受部門では全国から魚介類を買い付けし、沼津魚市場で販売しています。取扱商品は生加工品からプロトン凍結を使用した凍結品を扱っており鮮度保持、人件費削減、仕入れ・原価安定など御客様に総合的なコストコントロール・労務管理・品質管理を提案いたします。

茨城県 大洗:水産業様の声

生しらすは従来、品質劣化が早く流通が難しい商品です。浜で水揚げされた生シラスは浜でしか味わうことができません。プロトン凍結は劣化を防ぎ生シラスを完全再現します。従来無理と言われてきた生シラスの流通が可能となり、全国への拡販が可能となりました。また、近年シラスは水揚げ量にバラツキがみられ価格が不安定ですが、プロトン凍結で保管することにより価格の安定にもつながります。

このページの先頭へ